TNR

皆様、猫TNR運動という言葉ご存知でしょうか?

TNR(トラップ・ニューター・リターン)とは

Trap トラップ
わな・捕獲器で野良猫を捕獲すること。
※猫に危害が及ぶ様なわなや捕獲器ではありません

Neuter ニューター
不妊・去勢手術のこと

Return リターン
元の場所に戻してやること

です。

昨年10月5日~8日まで東京都内のホテルで「IAHAIO(人と動物の関係に関する国際会議)東京大会が行われました。

これには島田も出席するべく時間を調整いていたのですが、スケジュールの都合上どうしても参加はできませんでした。

このIAHAIOのワークショップ「のら猫・その問題と解決法」でもTNRの成功例や有効性が報告されていました。

米国フロリダ州のオレンジカウンティーでは、自治体と愛護団体がTNRを1995年に始めました。

野良猫の捕獲・安楽死という従来の数の制限方法からTNRに変更、子猫はなるべく手術後に譲渡をすすめました。
従来の安楽死では六年間で百万ドル(約一億一千万円)以上の予算がかかっていましたが、TNRは、半分の約四十四万ドルですんだという事です。
※ちなみに一匹の手術とその関連費用は平均五十六ドルだそうです。

手術後の猫には喧嘩やマーキングがなくなった為か、猫の苦情電話も激減し、都市型のTNRの成功例といわれています。

テキサス州の大学では、9年前から米国の研究者らによって、キャンパス内の野良猫を対象に繁殖制限の比較調査が行われています。

調査の結果、75%の猫を安楽死させるよりも、75%の猫にTNRを行った方が、より猫の数が減ってきていると発表されました。

イギリスの愛護団体「SNIPインターナショナル」のJ・レムフリー博士によると、イギリスでTNRが始まったのは1970年代。ロンドンのリージェントパークにすむ猫達に、不妊去勢をして放す方法を試したところ、猫たちの生活に悪影響は見られなかったという事です。

また、あるメディアの記事には『数千年の間に世界に広がり、人間と関係を保ちつつ、ごく近い場所で生きるライフスタイルを定着させた猫たち。その自然な生き方を保つには、TNRという人的介入が、今最も適切な方法となっている。』と書かれてありました。

TNRの意味や有効性についてご理解頂けましたでしょうか。

実は、以前よりwan lifeには犬達のSOSだけではなく、猫達のSOSもたくさん届いていました。

『近所で野良の子猫が、頻繁に事故で死んでしまうので保護して欲しい』『怪我した猫を助けてあげて欲しい』『見るからに病気の猫がたくさんいる群れがあるので保護してあげてほしい』等々

そのSOSの連絡数は犬の数倍の数。

あちこちから届くSOSと、あちこちで増える野良猫の数。。

現場の猫達は出産を繰り返し、猫がたくさんいる場所には新たに猫を捨てに来る人がいます。

そんな悪循環を繰り返し、頭数は増える一方です。

猫がたくさんいる現場近隣には猫が嫌いな人もいます。

子猫や人馴れした猫を捕獲し、袋に詰めて処分場に持ち込む人がいます。

虐待や惨殺目当てに猫を捕獲する人もいます。

実験業者や毛皮の業者は猫を捕獲し連れて行きます。

猫同士の喧嘩、交配で伝染病が蔓延しているグループもあります。

時には親猫が処分場に連れて行かれ、残された子猫達がカラスに襲われ殺された現場もあります。

現場の状況を知れば知る程、悲惨な悪循環を目の当たりにしました。

私達は常々この状況を何とかしたいと考えていました。

そこで、2007年6月より、非公開ですがTNRを開始しました。

実は、島田はWan lifeの発足前より独自でTNRを行っていました。

島田個人でTNRを行った頭数は150頭を超えます。

ですので、TNRのノウハウは犬の保護同様、島田の頭の中に入っていました。

島田の指揮の下、TNRを開始してから現在まで約9ヶ月。その間4箇所の現場においてTNR頭数は100頭を超え、TNRを行いつつ、島田のネットワークにより猫の保護団体や個人で猫をレスキューされてる方々と協力し、人馴れした猫や子猫に無事里親様がみつかった数は40頭に及びます。

そして、新たに個人で約15年程前から地道にTNRを行っている方がスタッフに加わりました。

現在、島田を中心に新スタッフと共に新たに着手している現場は5箇所。対象猫数はおよそ60頭です。

現時点ではTNRに関して、Wan lifeにご寄付頂きました支援金は一切使用していません。

Wan lifeのHP上にはこの活動の事は一切公開していませんでしたので、この活動に関しての費用は島田やスタッフが実費にて行っていました。

しかし今後、より一層多くの子達や多くの現場の悪循環を根絶させる為、本日以降皆様よりご寄付賜る支援金をこの活動に充てさせて頂く事に致しました。

ですが、ご支援下さる皆様の中には『犬の保護の為にのみに使って欲しい』という旨のご寄付もあると思います。

また逆に『TNRの活動にのみ使って欲しい』という方もおられると思います。

現在、ご寄付下さった方々には必ずメールにてご連絡頂いておりますが、今後はそのメールの際に、ご寄付下さいました支援金の用途『活動全般支援金』『わんこ専用支援金』『TNR専用支援金』のいずれかをご指定して下さいます様お願いします。

皆様、このTNR、従来の活動と併せてご支援・応援よろしくお願いします。
m(__)m

※現場の状況報告や頭数等はブログにてアップ致しますが、現場の所在地を公表すると、猫を捨てに来る人や捕獲業者が現れますので、場所は非公開とさせて頂きます。ご理解の程よろしくお願いします。
m(__)m

 

現在着手中の現場です









 

幸せになった子達







 

お気軽にお問い合わせください。090-4643-0656

お問い合わせフォーム